fbpx

【再募集】見る!考える!やってみる! 思考と表現のれんぞくワークショップ【なんだこれ?!サークル KIITO メンバーぼしゅう】

なんだこれ?!サークル KIITO メンバーぼしゅう

なんだこれ?!サークル、は「なんだこれ?!」をキーワードに、1人ひとりがそれぞれの“アートの芽”を育てる連続ワークショップです。本プログラムのために制作された冊子をもとに表現することと鑑賞することを地続きに体験することで、参加者自身が自分だけの表現(=なんだこれ?!)を模索、作り上げていきます。2014年に始まって以来、大阪、鳥取、静岡、タイなどで実施。神戸では初めての開催です。

☆参考画像_ハンドブック.jpg

(リンク先からハンドブックの一部が読めます

 

 

 

なんだこれ?!サークルへようこそ。このサークルは、思わず「なんだこれ?!」と言ってしまいそうなことが大好きな人たちの集まりです。なんだこれ?!なことを見つけたら、実際それをやってみたりかたちにしたりして、誰かを「なんだこれ?!」と言わせましょう。

え、どうして「なんだこれ?!」なんて言われることをわざわざするのかだって? たしかにふつう「なんだこれ?!」と言われるのは、間違いを正されたり注意されたりするときで、あまりうれしくありません。でも、友だちにイタズラをして「なんだこれ?!」と言わせたり、先生が出した問題に誰も思いつかないような答えで「なんだこれ?!」と思わせるのは、とても楽しいと思いませんか?

なんだこれ?!を考えたりかたちにしたりすることは、とても楽しいことです。でも、多くの人を「なんだこれ?!」と言わすようなスゴいなんだこれ?!を作るのはなかなか大変です。スゴいなんだこれ?!は、ただ人をおどろかせたりふしぎがらせたりするだけではなく、それまで気づかなかったことを気づかせたり、考え方を大きく変えてしまったりします。それどころかたまには世界の常識やルールだってゆるがしてしまうことだってあります。

そんな、なんだこれ?!をこれから始める新しいメンバーをぼしゅうします。モットーは「なんだこれ?!はちょうクール!!!」です。

これまでのかつどうやどんなことをするのかをくわしく知りたいときはこちら!
なんだこれ?!サークル公式サイト

<——– 講師の紹介 ——->

岩淵拓郎 いわぶちたくろう(a.k.a. ブッチーぶちょう)

こんにちは、ブチョウのいわぶちです。1973年兵庫県生まれ。ふだんはアートとか地域とかの本を作っています。好きなものは変な音楽です。友だちを家によんでパーティーをすることが好きです。好きな食べ物はぎょうざとマンゴです。食べられない食べ物はサンショウです。いろんなことにきょうみがありますが、勉強も運動もあまりとくいじゃありません。なんだこれ?!は19歳くらいからはじめました。気軽に「ブッチーぶちょう」とよんでください。

飯川雄大 いいかわたかひろ(a.k.a. いいかわパイセン)
1981年 兵庫県生まれ、神戸をきょてんに活動してます。1999年から猫の小林さんを毎日描いてます。「なんだこれ?!サークル」の活動はずっと気になってて、こないだ参加した時めちゃくちゃ楽しかったっです。なんだこれ?!ハンドブックにけいさいされるような誰もが「うわ!」となる作品を作るのが目標です。今年は、国立国際美術館の「感覚の領域 今、「経験する」ということ」(2月8日ー5月22日)、兵庫県立美術館の注目作家紹介プログラム-チャンネル12-「デコレータークラブ: メイクスペース、ユーズスペース」(2月26日ー3月27日)で展示予定してます!どうか、どうにか見に来て欲しいです。たのむ。 https://takehiroiikawa.tumblr.com

◎日時と会場

①2月11日(金・祝)13:00〜16:00 @デザイン・クリエイティブセンター神戸

②3月13日(日) 13:00〜16:00 @デザイン・クリエイティブセンター神戸

◎対象

  • 小学3年生~6年生で上記に必ず参加できる人。
  • 必要に応じてオンラインワークショップを行なう場合もありますが、その日程は参加者の都合で決定します。

◎受講料:無料

◎申込み方法

件名を「なんだこれ?」として、本文に参加する子どもの氏名・学年・住所・電話番号、メールアドレスを記入の上、メールでお申し込みください。

 申込先メールアドレス touchonart@gmail.com

 申し込み締切り:2月10日(木)

◎定員:20名程度(先着順)

◎会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1−4

◎保護者のみなさまへのお願い

  • 本プログラムでは、写真や映像などを課題として提出します。不要になったデジカメやスマホなどを、お子さまが自由に使えるよう提供してあげてください。
  • また、課題のデータ(ネット経由)での提出や、オンライン講座(web会議ツールのzoom)などを行いますので、家庭でのネット環境づくりにご協力ください。

◎主催・問合せ:一般社団法人タチョナ

    TEL: 090-9695-8140        http://touchonart.net

◎助成:令和3年度こどもの創造性を育む団体活動助成金

  • 37.5度以上の発熱や風邪の症状など体調がすぐれない方はご来場をご遠慮ください。
  • 会場入り口での検温、消毒にご協力ください。また、会場内ではマスクの着用をお願いいたします。
  • 申込時にいただいた個人情報は当企画に関する目的のみで使用します。

 

<—–解説(保護者のみなさまへ) —->

なんだこれ?!サークルは、タチョナがさまざまなアーティストと共同で実施した、子ども対象のアートワークショッププログラムの一つとして生まれました。

一般的にアーティストが考案するワークショップでは、表現の枠組みをアーティスト自身が規定します。つまり彼らの専門領域の中で、彼らの生み出した方法論を用いて、ワークショップはデザインされます。そこではアーティスト固有の表現が魅力となり、子どもたちの感性を刺激し表現の可能性を引き出すことができます。しかしその反面、一人ひとりの興味や関心を生かした表現が生まれるとは限らず、またその表現は規定された枠組みから出ることもありません。

このような認識から、子どもたち自身の興味や関心をもとに、ゼロから創造的なアイデアを生み出し、表現するワークショップとはどんなものかを考えました。それはおそらく、表現の領域や方法論に囚われず、子どもたち自身がやることを考え実現していく、いわば<場>のようなものではないか。そして、その<場>において必要になるのは、「企画をたて、素材を収集し、整理し、構成する」という編集というプロセスなのではないか。そのような理由で編集者であり、アーティストとしての経験もある岩淵君に相談しました。

なんだこれ?!サークルは、まさにタチョナがつくろうとした<場>に対する、岩淵君からの回答です。<場>には、それぞれ共有される考え方や態度、すなわち世界観があります。このプログラムでは、アーティストの作品に限らずさまざまな表現を参照してますが、それはなんだこれ?!の世界観を共有するためにすぎません。なんだこれ?!という世界観の上で、子どもたちは自らの思考と向き合い、自分だけの表現を模索していきます。そしてその結果として生まれたなんだこれ?!は、私たちに笑いや驚き、違和感などの感情を抱かせ、ついには「なんだこれ?!」と言わせるのです。

2014年以降、なんだこれ?!サークルは国内外の、アート、地域社会、福祉、子育て、教育など、さまざまな領域において展開されてきました。それは、このプログラムによって育まれる創造性が、特定の表現領域や方法論を超えて、われわれが直面するさまざまな困難に立ち向かうための力となりうることの証明だとも言えるでしょう。

一般社団法人タチョナ

代表理事 小島 剛