【ご案内】ご近所映画 de すみ博

今年の「すみよし博覧会-すみ博2017-」の企画でご近所映画をします!

住吉大社周辺のお店や名所などを舞台に3時間(昼休憩込みの4時間)で、あらすじづくりから撮影まですべてやってしまいます。

 

◯会場:すみよし村ぎゃらりー  大阪市住吉区住吉1-9-16(住吉福祉会館)

◯申込み方法:参加者全員のお名前、おおよその年齢、ご連絡先(電話/e-mail)を書いて、メールかFAXで「すみよし博覧会実行委員会 映画ワークショップ参加」まで。(定員:30名)

◯申し込み先:すみよし博覧会実行委員会 担当:北辻、中村

メール:info@sumihaku.com   電話・FAX:06-6671-2211

主催:すみよし博覧会実行委員会
企画・制作:一般社団法人タチョナ
協力:NPO remo [記録と表現とメディアのための組織])

 

【レポート】[庄内つくるオンガク祭2017]終了しました。

「庄内つくるオンガク祭2017」無事に終わりました。当日は150名近くのお客さんが来られ子どもたちの出演だけでなく、普段あまり聴いたことがない(であろう)スタイルの音楽を楽しんでいました。

お越しいただいた方々、このプロジェクトにご協力いただいた方々、ありがとうございました。

当日の様子はまいぷれとよなかさんでもレポートしてくれました。ありがとうございました。

会場は大阪音楽大学の0号館の教室。

普段はオーケストラの練習用に使用しているとのこと。

 

 

 

会場の入り口では、参加する子どもたちも当日のリハーサルを終えて、暇を持て余し、手伝ってくれます。

 

 

 

会場の音響は周囲に吸音パネルと木の床、そして2階吹き抜けほどの高さの空間は適度に響きが押さえられつつも、かなりクリアに聞こえます。

 

 

 

  DODDODO BAND

PIKA

 

 

 

 

空間現代とくうかんげんだい

 

 

 

 

 

 

 

 

内橋和久+庄内小学校の子どもたち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スタッフ>
一般社団法人タチョナ:
小島剛  柳本牧紀  山本陽子(京都造形芸術大学) 水田菜穂(京都造形芸術大学)

大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻:
久保田テツ 西村理  松岡咲子 大山紗奈  山手健人   植田唯莉
中島志織  大塚双葉 菅彩乃  金城陸   山下ほのか  梶本大雅

音響制作: 中田粥
音 響 : 江南泰佐
舞台監督: 餘吾康雄
受 付 : 渡邉裕史

<special thanks>
豊中市立庄内小学校
NPO法人ZUTTO
Wataru Nakazaki
Miyazaki
樫内日南子
田中津久美

主催:一般社団法人タチョナ
共催:大阪音楽大学、庄内地域こども教室(ワークショップ)
協力:NPO法人とよなかESDネットワーク、NPO法人ZUTTO、しょうないREK
助成:大阪府芸術文化創造振興事業、平成29年度豊中市魅力アップ助成金交付事業

【庄内つくるオンガク祭2017】アーティストプロフィール

内橋和久(うちはし かずひさ)

ベルリン在住。音楽家。イノセントレコード主宰、インプロヴィゼーショントリオ「アルタードステイツ」は今年で結成27周年。83年頃から即興音楽に取り組み、一方ではUA、細野晴臣、七尾旅人、青葉市子、Salyu、くるり等のポップミュージシャンのプロデュースやライブ活動を通じてうたに取り組む。演劇、ダンスなどの音楽制作およびライブ演奏など活動は多岐に渡る。2007年まで大阪でオルタナティブスペースBRIDGEを運営したことでも知られている。劇団「維新派」の音楽監督を30年にわたり務める。また、ハンス・ライヒェル発明による新楽器ダクソフォンの演奏者でもある。

 

空間現代 (くうかん げんだい)

野口 順哉guitar / vocal) 古谷野 慶輔(bass) 山田 英晶(drums)

2006年、現行メンバー3人によって結成。 編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピースバンドの形態で演奏。 これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。 2013年発表の劇団「地点」のブレヒト戯曲『ファッツァー』では音楽を担当。 生演奏で出演する京都での公演が好評を博し、モスクワ・北京でも上演を行う。 2016年9月、活動の拠点を東京から京都へ移し、自らの運営するスタジオ/ライブハウス「外」を左京区・錦林車庫前で開始する。

今回は子どもたちの参加者と「くうかんげんだい」と称して、パフォーマンスを行う。

 

ゲスト・ミュージシャン

PIKA(ぴか)

2002年「あふりらんぽ」結成。ドラムヴォーカル担当。女性2人による奇抜かつ独特なロックスタイルで、瞬く間に世界に旋風を巻き起こす。2010年バンド解散後本格的にソロ活動開始。ユニットやセッション等での共演者は国内外多岐にわたる。2011年に東日本大震災をキッカケに大阪からエネルギーを考える祭をつくる「TAIYO33OSAKA」プロジェクトを立ち上げ、1000人で太鼓を叩く「太陽大感謝祭」や各地でドラムワークショップを開催。2016年「あふりらんぽ」再結成。

 

DODDODO BAND(どっどどばんど)

さまざまな音の断片をサンプラーで繋ぎ合わせ独自の世界を展開し、国内外を問わず様々なジャンルやシーンを飛び越え活躍中のソロアーティスト DODDODO(ドッドド)が2011年よりDODDODO BANDとしてバンドセットでの活動を開始。バンドセットでは稲田誠(BASS)、中尾マサコ(VIOLIN)、松永ケイゴ(CLARINET)、和田晋 侍(DRUMS)と共に DODDODOの曲世界を展開するだけでなく、バンドとしてのオリジナルを追求中。

【ご案内】庄内つくるオンガク祭2017

 

庄内つくるオンガク祭は豊中市庄内地域で音楽家と子どもたちが参加する音楽プロジェクト。

楽器演奏経験がなくても、楽譜が読めなくても音楽を楽しむことができることをコンセプトに内橋和久、空間現代の2組のアーティストがそれぞれ地域の子どもたちと夏休み期間中にワークショップを行い、その成果を発表します。

またPIKA、DODDODOBANDの2組も参加して、大人だけでなく子どもたちも自由に楽しめるライブイベントとして開催します。

日時:2017年8月27日(日)14:00- (終了予定16:00ごろ)

会場:大阪音楽大学O号館101教室

出演:

内橋和久+庄内小学校のこどもたち

空間現代+くうかんげんだい(庄内地区のこどもたち)

DODDODO BAND

PIKA

各アーティストのプロフィールはこちら

料金:無料 どなたでもご覧いただけます。

続きを読む →

【ご案内】ストーリーテリング・イン・サウンドvol.2
〜現代音楽の演奏家による子どもたちの音楽ワークショップ〜

日用品や身の回りにあるもので音楽をつくるワークショップ「ストーリーテリング・イン・サウンド」。今年はその第二弾として、ドイツの現代音楽専門オーケストラ”アンサンブル・モデルン”で活動しているヴィオラ奏者の笠川恵さんを講師に開催します!

ワークショップの1日目は身近にあるものを探して、いろんな音を発見します。
2日目はそれらを使ってみんなでアンサンブルに挑戦!最後は小さな演奏会をします。

もちろん楽譜が読めなくても、楽器が演奏出来なくてもOK!音楽が好きなら誰でも参加できます。みなさんのご参加をお待ちしています。

■講 師:笠川  恵(ヴィオラ奏者/アンサンブル・モデルン)

■日 程:2017年7月29日(土) 14:00〜16:00  /  30日(日) 14:00-16:00
※30日の15:30から、同所にて演奏発表会をおこないます。保護者の方だけでなく一般の方も自由にご参加いただけます。
★両日参加が条件となります。ただし、参加時間などで調整が必要な場合はお問い合わせください。

■対 象:小学校3年生〜中学生 20名

続きを読む →