【ご案内】enoco子どもアートワークショップvol.7 “?を自動販売機で売ろう!”

アーティストの米子さんが、今回のワークショップのためにオリジナル自販機をつくりました。
その自販機で、こういうのが売ってたらオモシロいなあと思うものを考えたり、自分の得意なことをカタチにしたり、つくったりして、‘オリジナル商品’をじっさいに売ってみよう!
このワークショプはそんなワクワクすることを考えながら、お金のこともまじめに学んでいきます。

〜講師の米子さんからのコメント〜
ぼくは、トロンボーンやピアノ、プログラミングで音楽をえんそうしています。町の中にあるジュースの自動販売機はベンリだけど、たまにはちょっと変わった 自販機があってもいいなって。ともだちの作っているものだったり、いろんなものを町の中で売りたいなと思って、自販機を作っています。さんかしてくれる人 たちがどんな商品をおいてくれるか楽しみです。

日程と内容

  • 1回目:4月27日(日) 14:00~16:30 ※自販機のことを教えてもらったり、見てみたり、みんなで何を売りたいかを考えます
  • 2回目:5月11日(日) 14:00~16:30 ※おウチで作ったりしたオリジナル商品のねだんや売りかたを考えて、じっさいに自販機の中においてみます。

※商品の販売期間:5月11日(日)~8月17日(日)のenoco開館日(このきかんちゅう商品を入れかえられます)

場所:大阪府立 江之子島文化芸術創造センター(enoco)地下一階
大阪市西区江之子島2丁目1番34号(地下鉄「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m)

参加費:無料(販売する商品の材料代は各自でご負担ください。)

参加申込先大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)
参加ご希望の方は、(1) お名前 (2)連絡先 (3) 学年 (4) 学校名 をご明記の上お申し込みください。
定員に達し次第、お申込受付を終了いたします。保護者様の見学も可能です。
メール:art@enokojima-art.jp
FAX:06-6441-8151 ※FAX申込の場合は返信用FAX番号をご明記ください。

講師: 米子匡司

    [プロフィール]音楽家。ソロとグループSjQにて音楽活動を行うほか、ストリートで制作物を販売するため自動販売機の制作と設置、 住居兼オープンスペースFLOATの運営、紙とWEBの雑誌『余所見』の発刊などを行う。SjQ++にてアルスエレクトロニカ電子音楽部門優秀賞受賞(2013)。ワークショップなどの活動としては、総合的な学習の時間・選択授業『コンピュータとメディア』担当講師(堺市立中学校、2008 – 2010)、『SjQラボ.~音による創造のワークショップ~』(奈良県立情報図書館・2013)など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください