子どもアートワークショップ『じぶんの分身をつくろう』@enoco

                  ©イラスト/池田朗子

いつもいっしょの自分のカラダ。知っていてあたりまえ?
大きな紙に、そのままカラダのカタチを切り取ってみたらどんなかんじがするだろう?
あそんでるときと、どんなふうにちがう?できあがったぶんしんとならぶと、どんなかんじかな?
そっくり?ちがう?たしかめてみよう!

概要
2人一組になって、大きな紙に寝転びお互いの全身をトレースします。トレースして切り取った身体の輪郭を「分身」として捉え、そこに各々が自分の 好きなようにデコレーションをしていきます。人間のパーツや様々な服を書き足し「今の自分」、「理想の自分」を作るだけでなく、人間ではない別の生物を生 み出すことも考えられます。
そのようにデコレーションして出来上がった「分身」を友だちの体を並べたり、 座らせたり、立たせたり、いろんなところへ連れて行ってポーズをとらせたりします。分身を作り、様々な身体の動きをさせることで、自己の「身体表現」を行うと共に、自分自身を第三者の視点から眺め、他者から見える自分を考察します。

講師池田朗子(いけだあきこ)美術家

日時:6月30日(日)14:00~17:00(13:30より受付開始)

会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco) 2階(大阪市西区江之子島2丁目1番34号)
   大阪市営地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m。 アクセス

料金:無料

定員:10名(要予約)

対象:小学生(保護者の見学も可能です)

持ち物:筆記用具(ひっきようぐ)、絵をかく道具(絵の具/クレヨン/ペンなど)、手ふきタオル

※よごれても良い服で来て下さい(着替え持参可)
※ねころんで、からだの形をとるので、女子もズボンをはいてくること

申込方法:「子どもアートワークショップ申込」とご明記の上、お名前、参加人数、学年、保護者様のご見学の有無、日中連絡のつくお電話番号をご記入いただき、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)まで、メールまたはFAXにてお申し込みください。
FAXの場合は返信用FAX番号もご記入ください。定員に達し次第、お申込受付を終了いたします。

メール:art@enokojima-art.jp
FAX:06-6441-8151

※いただいた個人情報は本お申込以外の目的には使用しません。

主催:NPO cobon、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください