子どもアートワークショップ vol.5@enoco
セルフポートレート写真ワークショップ「未来の姿を写してみる」

概要

テーマは「未来の自分」。

今より少し先の自分を想像しながら、未来の自分を撮影しましょう。
写真スタジオを作り、カメラのセルフタイマー機能を使って、自分自身を撮影(セルフポートレイト)します。撮影は二人一組で行い、お互いの撮影の手助けをします。
撮影に必要な衣装や小道具などがあれば当日持ってきて下さい。

自分がイメージする「未来の自分」を、どのように写真にしていくのか、話し合いを通してセルフポートレート作品を作り上げます。完成した作品はプリントアウトしてみんなで鑑賞し、enoco にて1週間ほどの展示を行います。

日時:2013年8月31日(土)13:00〜16:00(30分前より受付開始)

対象:小学4年生〜中学3年生

定員:10人(要事前申込)

会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)地下1階 ルーム6

住所:大阪市西区江之子島2丁目1番34号
※大阪市営地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m。 アクセス

参加費:無料

講師松本 美枝子 (写真家)

1974 年茨城県生まれ。生と死、日常と非日常、そしてそれらの物語をテーマに、写真と文章による作品を展覧会、書籍等で発表。
主な書籍に、詩人•谷川俊太郎とコラボレートした写真詩集『生きる』(2008、ナナロク社)や、写真集『生あたたかい言葉で』(2005)などがある。
主な受賞に『第6回新風舎•平間至写真賞』大賞受賞、主な展覧会に「クリテリオム68 松本美枝子」(水戸芸術館)など。
パブリックコレクション:清里フォトミュージアム。また水戸芸術館、岩手大学、コーポ北加賀屋(大阪)など、全国で写真ワークショップを多数開催している。

主な展覧会
2013 個展「そのやり方なら知っている」(コーポ北加賀屋・adanda、大阪)
2010 「ヨコハマフォトフェスティバル2010」(横浜赤レンガ倉庫)
2009 「手で創る 森英恵と若いアーティストたち」(表参道、ハナヱ・モリビル)
2006 個展「クリテリオム68 松本美枝子」(水戸芸術館)

 

申込方法:「セルフポートレート写真ワークショップ申込」とご明記の上、お名前、参加人数、学年、見学の有無、日中連絡のつくお電話番号をご記入いただき、メールまたはFAXにてお申し込みください。FAXの場合は返信用FAX番号もご記入ください。

メール:art@enokojima-art.jp
FAX:06-6441-8151
※定員に達し次第、お申込受付を終了いたします。
※いただいた個人情報は本お申込以外の目的には使用しません。

主催:NPO cobon、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。